整形外科

整形外科

リハビリテーション科

リウマチ科

内科

消化器内科

胃・食道内視鏡検査

大腸内視鏡検査

ピロリ菌検査

健康診断・予防接種

介護保険リハビリテーション

QRコードで簡単アクセス

treatment menu

treatment menu

患者の気持ち

湘南ベルマーレ

OSYC

整形外科とは

体の運動器の病気や外傷を取り扱っており、主に脊椎、四肢(腕・手・脚・足)の運動器を構成している骨・関節、関節を連結する靭帯、筋肉や腱、脳を除く脊髄および末梢神経の疾患による機能障害や外傷による損傷を診断・治療する診療科です。


こんな症状の時はご相談くださいs

対象疾患

変性疾患、関節疾患、脊椎疾患 骨粗鬆症
スポーツ外傷 骨折、打撲、捻挫 など

変形性関節症について

各関節の変形による病気で、多くは痛みを伴います。リハビリテーションでは、関節に痛みを出さない状態での筋力強化訓練や、鎮痛を目的とした温熱・寒冷療法などの物理療法、装具処方による関節保護を行います。慢性的な疾患ですので、関節症状を悪化させないための生活指導や自主トレーニング指導が必要となります。

打撲について

一般的に打撲をすると皮下組織を傷つけ出血するため、皮下に青黒く出血斑が出現し、腫れてきます。軽度の打撲であれば、湿布を貼って包帯で圧迫固定すれば1週間から2週間ぐらいで完治しますが、関節周囲の打撲や出血・腫脹の強い打撲では専門家による固定や施術を要します。

捻挫について

捻挫の症状は、どの関節に傷を受けたのか、あるいは靭帯損傷の程度によって様々です。 一般的には、関節の痛みやはれ、そして皮下出血といった症状が見られます。
痛みやはれの症状から捻挫が疑われる場合には、患部を固定して冷やしながら安静を保ち、大掛かりな治療が必要になる前にご来院下さい。

骨折について

骨折にはさまざまなケースがあり、範囲や重症度も異なります。足、手、骨盤…など骨折の部位によって、もちろん治療法も違います。基本的に骨はとても丈夫にできていますが、何らかの原因でその骨の強度以上に大きな圧力が外から加わったときに、骨折が起こります。


折れてしまった骨を元の位置に戻して固定することが、骨折治療の目的になります。

骨粗しょう症

この病気は骨量の減少、骨の微細構造の劣化により骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、鬆(す)が入ったように骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなる病気です。

骨がスカスカになるとわずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。

クリニック概要

前田整形外科・内科クリニック

0467-85-4312

[ 診療時間 ]

整形外科
9:00 - 12:30
15:00 - 18:30

※木曜は代診(山崎吉以医師)となります。

■整形外科の診療の受付時間
平日  9:00~12:00 / 15:00~18:00
土曜日 9:00~12:00

内科
9:00 - 12:00
15:00 - 18:00

※第1・3土曜は和泉医師の診療となります。

■内科の診療の受付時間
平日  9:00~11:30 / 15:00~17:30
土曜日 9:00~11:30

※診察の受付は終了の30分前となっております。
予めご確認の上御来院下さいますようお願い申し上げます


◆ バスのご案内

◎「茅ヶ崎駅」から辻12系統 辻堂駅南口行きバス「桜道」バス停下車 徒歩2分
茅ヶ崎駅南口 2番のりば

◎「辻堂駅」から辻12系統 茅ヶ崎駅南口行きバス「桜道」バス停下車 徒歩2分
辻堂駅南口3番のりば